2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夢タッグ実現!~「大脱出」 - 2014.01.12 Sun

皆様お寒うございます。こちらはまだ雪もちらつきませんが、お正月より確実に寒くなっています。
雪で大変な地域の方には鼻で笑われそうな気候ではありますが、くれぐれも健康にはお気をつけくださいませ。

と時節のごあいさつで始めてみました当ブログ、今回は超熱い漢の闘いです!
シルベスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーという、80年代アクションを支えて
きた両巨頭が初タッグを組んだ意欲作、「大脱出」(2013)をお送りいたします!!

近年、「エクスペンダブルズ」シリーズでスライがシュワに声を掛けて、ふたりの共演が実現しましたが、
本格的な共演はなんと今作が初めてなんですね。
タイプの違うアクションで人気のふたりは親友だと言われていますが、1980年代半ば、シュワの当時の彼女が
相当に気の強いタイプなのに閉口したシュワが、スライにその彼女を紹介したという噂がありました。
スライはその彼女、ブリジット・ニールセンと結婚しましたがその後離婚、ひょっとしたらそれで共演NGなのかと
思っていましたが、それは単なる噂だったんでしょうねきっと(笑)


アメリカはコロラド州のとある刑務所。房内でひとり、聖書を破って燃やし、その灰で壁に何かを書きつけている
男。彼は所内の協力者から情報をもらい、自分をボコろうとしていた奴を返り討ちにして、懲罰房に入れられる。
だが男は反省するどころか何か入念に作業に没頭しはじめる。トイレットペーパーを水で丸めたり、何かの数を
数えたり、看守の動向を鋭く観察したり。男は何かを待っていた。

そしてその時は来た。刑務所を訪れた一台の車から、ひとりの女が出てきた。女が車から離れると、いきなり車が
爆発した!周囲の車も巻き込まれて、駐車場が大騒ぎになった。
あわてた看守たちが囚人たちを避難させたりしているうちに、ふと、懲罰房の男がいないことに気づく。
男はいったいどこへ!?

そのころ、男は消防士に扮してまんまと刑務所を脱走していた。車を爆破したのは男の仲間でアビゲイル(エイミー・
ライアン)、もうひとりドライバー役でハイテク技術に詳しいハッシュ(カーティス“50セント”ジャクソン)だった。
なんとその男、レイ(スライ)は民間のセキュリティ会社の社員で、全国の刑務所にわざと収監されて、そこの警備の
穴を探るために脱獄を行う“脱獄のプロ”だったのだ!
脱獄囚だと思って逮捕に来た警官に事情を説明に来た社長のレスター(ヴィンセント・ドノフリオ)は、刑務所の所長に
ドヤ顔で「レイ、警備の穴を所長に説明して差し上げろ」とかカマす。

「フルメタル・ジャケット」のほほえみデブでおなじみ、ドノフリオが気のいい社長役で出演!?そんな芸風だっけ?
とか思いましたが、このキャスティングが後々キモになってくるんですね。


レイに次の仕事の依頼が来た。なんとCIAから弁護士が訪れ、民間委託の刑務所から脱獄してほしいという。
レスター社長は「報酬はいつもの2倍!所長には話通してるし、いざという時の避難コードも用意してるし、
絶対オイシイ仕事だって!」とやけに乗り気だ。
だが、逆にアビゲイルやハッシュたちは警戒し、レイに忠告するも、レイはプロ魂に火を点けられたのか、
「やるぜ!」と快諾してしまう。

とある町で指示通り拾ってもらうのを待つレイ、待機するアビゲイルたち。
だが、レイを拾いに来たのは業者ではなく、プロだった。
そいつらはまずスタンガンでレイの自由を奪い、すぐに車に乗せて発進した。
アビゲイルたちが居場所を認識するために取りつけた発信機を探知して無理やり体内からほじくりだし、
注射で眠らせ、意識朦朧にして車からヘリへと移動を続けた。
合間にふとレイが目を覚ました時は、デカい男がだれか知らない男をナイフで殺してヘリから捨てるのを見た。
俺はいったい…?ここはどこなんだ…?

次にレイが目を覚ましたのは、透明なアクリルに囲まれた檻が延々と続く刑務所内だった。
そこの所長、ホブス(ジム・カヴィーゼル)には避難コードが通じず、レイは罠にはめられたのだと気づく。
はたしてレイはここから無事に脱出できるのか…!?


いやーこの謎の刑務所のヴィジュアルが圧巻で、ひとりひとり独房ではありますが、それが透明な部屋で
垂直に長ーくそびえ立っているんですね。
昔「いきなり!黄金伝説」でよゐこ濱口が透明の部屋で生活するという企画がありましたが、アレ以上に
過酷な環境です。だって寝るのもトイレも透明で24時間監視ですよ!並みの神経の持ち主なら気が狂いますよ!
まあそこに入れられているのはアメリカ中の極悪犯罪人というふれこみなのですが、ふつうなら極悪人は
相応の罰を受けて当然と思ってる人も、思わず人権派に鞍替えしたくなるような環境でしたねえ。

そんな敵だらけの中、ひとり気さくに話しかけてくる男がいた。男はロットマイヤー(シュワ)といい、
マンハイムという世界的犯罪者の仕事をしている、と打ち明けた。そのマンハイムの行方を追うホブス所長に
目をつけられているらしい。
レイははじめは信用していなかったものの、自分の頼みごとを引き受けてくれるロットマイヤーに対し、
次第に心を許すようになっていた。

しょっぱなから「俺を懲罰房に入れてくれ」「わかった」パンチバーン!ですよ(笑)
何も言わずとも拳で語り合うふたり、というある意味お約束なシーンに、おばちゃんちょっとウルっときました(笑)

レイは懲罰房に突破口のヒントがあると睨んだが、そこは思いもかけぬ場所だった。
高熱を発する照明が24時間部屋を照らし続け、脱水症状寸前まで収監されるという、地獄がふたりを待っていた。
だがふたりはなんとかそれに耐え、ふたりを見てくれた医者(サム・ニール)のやさしさにチャンスを見出す。

それからもロットマイヤーはレイの頼みごとを次々と引き受け、ついに脱獄への突破口が開かれる!
ロットマイヤーの協力を得、もう一度懲罰房に入ったレイは、そこから換気口へと脱出し、外への出口を開けた!
だが、そこでレイは思いもかけない光景を目の当たりにした……


ここからは挫折あり、怒涛の展開あり、お約束あり(笑)のアクション満載シーンになるので、できれば劇場で
お楽しみいただきたいので控えますが、いやーカッチョよかったー!!ふたりとも60代ですよ!
まあ相変わらず演技は下手なシュワですが、そこがいいですよね(笑)
つかスライの不敵な表情を見てると、絶対安心つーか、「やってくれるよな!」みたいな信頼感がありますよね。

ひとつだけネタバレしちゃいますが、やっぱりレスター社長はホブス所長他とグルになって、マンハイムの行方を
追うヤバイ奴だったのですが、ちゃんと制裁されますのでご安心を(笑)


あとひとつ、最近のスライって、アクション映画の時はあんまりロマンスを描かなくなりましたね。
「エクスペンダブルズ」シリーズもそうだし、今回もアビゲイルとなんかいいかんじなんですが、
踏み込んだ表現まではなかったし。アレですかね、観客はソレを観に来たんじゃない、というのをわかってるんですかね?(笑)
こんぐらいネタバレしてもまだまだみどころ満載のおせち映画ですので、ぜひぜひ映画館でご覧になってみてください!


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dexter935.blog120.fc2.com/tb.php/652-d023a688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デブなイケメン最高!~「アメリカン・ハッスル」 «  | BLOG TOP |  » 志村、後ろ後ろ!~「ロンドンゾンビ紀行」

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

こちらにポチッとお願いします

プロフィール

Dexter

Author:Dexter
映画オタクの主婦です
「ケロロ軍曹」ギロロ×夏美の同人サイト運営中
サイト名:「紅い深淵」

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。