2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・アニケロ感想 - 2012.04.21 Sat

第3話 「ケロロ 危険臨界点突破 であります」

だいぶペコポンにも慣れ、日向家のお手伝い(笑)としてのポジションを着実にモノにしつつある
ケロロ。しかし、なんだかどよーんとした雰囲気に、夏美と冬樹は一応?心配する。
そこへ遊びにきたタママ(二話でもう出てた…)がケロロを見て、「これは臨界点突破状態ですう」
とあせりだす。
どうやら外出できずに家で悶々と過ごす日々に満足できない、ということらしい。
いやー今でも専業主婦以上のお気楽生活をダラダラやってる気がしますけどねえ(笑)。

とりあえず冬樹のリュックの中に入って外に出てみるも、結局外を見られなくてボツ。
次は「とにかく宇宙人に見えなきゃOK」とスイカになってみるも、意味なし(笑)。
次はペコポン人に見えるスーツ、いわゆるペコポン人スーツを着てみる。
いやー女子高生は無理ありすぎだろ…なんてたぶん初見では思うんでしょうが、後々
ナチュラルに背広で顔まる出しで買い物行ったり、水着のギャル姿なんかを見ちゃってる今、
「……別にいんじゃね?」って思っちゃうんですが(笑)

万策尽きたかと思われた時、冬樹がふと、タママはウチに遊びに来る時、どうやって来てるん
だろう?と素朴な疑問を抱き、訊いてみる。
すると、タママは「額の階級章を回すとアンチバリアになるんですう」といとも簡単に姿を
消すではないか!
今まで知らなかったケロロはショックを隠しきれないが、これで夏美に仕返しができると
勇んで二階に行くも、電池切れで早々に正体がバレ、夏美にボコボコにされるいつもの
展開となった。

いいねえこの、ゆっくりとケロロたちの謎が解けていく展開。しかも私アニメで初めて見るので
とっても新鮮です!


「ケロロ 極秘任務開始 であります」

アンチバリアを覚えてからというもの、ケロロのストレスも消え、なんだか毎日張り切っている
様子。だが夏美はやけに真面目に家事に取り組むケロロを怪しんでいた。
そこで、日向家地球安全対策会議を開き、こっそり隠しカメラでケロロの様子を観察することに
する。
みんなを見送ってから、玄関先でニヤリと不敵に笑うケロロを確認し、ますます怪しむ夏美だったが、
ひとまず学校へと向かう。
秋ママ、ケロロのプライベートがぐっちょぐっちょのヌルヌルって、しかもそれがカワイイって、
どんな想像してるんでしょうか…。熟女の考えることはおそろしい…(笑)

さて、そんなヌルヌルの熟女が勤務するマンガ編集社で、なぜか異常にエロい声で
秋をレポートする謎の人物が。
繰り返すようですが、ワタクシアニメ初鑑賞ですので、原作の数倍の破壊力にじゅん、と
きちゃいました(奥さん奥さん
冬樹の時ですら「うおっ」って感じなのに、夏美の時なんかシャワーシーンのサービスカットに
すでにエロオヤジ発動しちゃってますからねえ(笑)
原作ではクールなかんじに思えるこのシーン、声が乗ると超絶エロく
聞こえちゃうんですね奥さんんん!!うわあコレ先に原作読んでてリアルタイムでアニメ見てたら
あまりのイイ声に失神してたかもしれません。こりゃ惚れますよ奥さん!!

シャワーで気配を察して謎の人物を追い払った夏美は、帰宅するなりケロロを問い詰める。
そこで隠しカメラの映像をチェックしてみると、なぜかケロロはふつうに家事をし、ごはんを食べ、
本を読んだりネットしたりガンプラ作ったりしてまったりしていた。
アレ?フツーじゃね?しかも本人が必死に隠していたことが、カップラーメン二個食いだったりして、
結局ケロロの濡れ衣は晴れたのであった。
だが、そんな日向家のアイドル(笑)として馴染みまくるケロロを、冷やかに見つめる影が…。

食後、地下基地でテレビを見ようとしたケロロとタママだったが、突然チャンネルのある古い
テレビが爆発した!いったい何!?
「フッ(←ここからすでにエロい)、いろいろと調査させて
もらったぜ、ケロロ。まさかペコポン人の捕虜になっていようとはな」

という、カッチョよすぎてどうしてくれようなセリフと
ともにあらわれたのは、武器を抱えた赤いケロン人だった!!
いったいコイツは何者だ!?次回へ続く!!

いやあああ白目コワイよ伍ちょ…いやー謎の赤い人!





(以下妄想)

伍長「日向夏美21歳、私立吉祥学園高校卒業後、私立某女子大に入り女子大生生活満喫中。
中学生のころよりバストは2カップアップ、ヒップも3センチ大きくなり、大人の女へと移行中。
入浴時にはムダ毛のお手入れを欠かさない一般的な地球人女子。俺は腋毛はあってもなくても
まったく気にしない。下の毛も切ったり剃ったりせず、むしろ剛毛の方が好みだ。
それなのにアイツは下着からはみ出るとか言いやがって俺の楽しみを奪…」
夏美「さっきから風呂場の外で何やってんのこの変態がアアア!!」
「いや…初心に帰ろうと思ってな、俺が地球に来てオマエたちのことを
調査してるファーストシーンを再現してみたんだが…」
「最後の方はアンタの願望だったでしょうがアア!!(伍長の
頭を足でグリグリ)」

「(鼻血を出しつつ)大人になったな夏美…あのころはバスタオル一枚で隠れたオマエの胸も、
今じゃハミ出すほど大き…」
「いちいち実況するなアア!!ムダ毛のお手入れとか
よけいなお世話なんじゃこのエロオヤジイイイ!!」

「パンチもより肉感的にイイイ!!(飛んでいく)」

あんなに最初は怖くてクールなイメージの伍長
だったのに、いつのまにかただのエロオヤジ
になっていたのが不思議でしょうがなかったが、その原因が自分であることを
まったく自覚していない夏美であった(笑)


いやー興奮しますねー(笑)
いよいよ次回は伝説のアレですよ奥さん!!お楽しみに!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dexter935.blog120.fc2.com/tb.php/626-0f3eb188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新・アニケロ感想 «  | BLOG TOP |  » 新・アニケロ感想

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

こちらにポチッとお願いします

プロフィール

Dexter

Author:Dexter
映画オタクの主婦です
「ケロロ軍曹」ギロロ×夏美の同人サイト運営中
サイト名:「紅い深淵」

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。