2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニケロ感想 - 2011.10.13 Thu

第335話Bパート 「ケロロ 月は豪華だ! であります」

ちょっと間が開いてしまいましたが、久しぶりにアニケロ感想行ってみます!
でもコレ昨年のAパートの時、双子に「マンガであったじゃん」と指摘されて凹んでた私ですが、
昨日再放送のビデオを観てた私にまたしても双子が「あーあーコレ、隊長代理ロボの奴、マンガで(ry
あーこの月の奴もマンガであったよね!」と指摘してきて、さらに凹んだ私です…。
もう読んだハズなのにめっきり忘れっぽくなって…22巻もさっき読んだぐらいの体たらくなんで、
お恥ずかしい限りです(反省)しかも22巻の“ギロシング”ネタにやっと気づいて感激してたっちゅう
ズレっぷり…。いやコレこそアニケロ乙でやってほしかったですよね!

というわけでボケ防止も兼ねて感想行ってみます!

Aパートで隊長代理ロボが勝手に夏美と冬樹に約束してた月旅行。ある朝、日向家はクルルに叩き起こされ、
玄関先に作られたエレベーターで地下深くへと連れて行かれた。
扉が開くと、なんとそこは月だった。
何コレ、本物?といぶかる夏美たちの前に、フロントらしきところで待ちかまえていたのは、ビシッと
ネクタイを締めたケロロとモアだった。どうやらここは本物の月で、今回小隊は月にホテルを作って
ペコポン人を大量に呼び寄せて大もうけしようという作戦らしい。そのために予算オーバーしちゃったけど、
冬樹殿→桃華殿→西澤グループバックアップでペイできるから大丈夫!とナントカの皮算用のケロロ、
今回は自信があった。

ホテルはなかなか本格的で、部屋もムーンビュー(って言うのか?)だし温泉もあるし、展望台完備で
さらには特殊装置を使えば月面散歩も可能というゴージャスさに、夏美たちは感激する。
早速女性陣はお風呂、冬樹は月面散歩へと繰り出す。

いつも雑誌やパソコンの画像でしか見たことなかった月面の様子が間近で見られて、冬樹は感動していた。
40年前のアポロ11号が立てた星条旗がまだあるのを観て興奮した冬樹は「まだ立ってたんだあ」と
思わず呟く。がその時「いやたまに倒れるけどね」という声が!
振り向くと、なんとそこにはウサギがいるではないか!驚く冬樹にウサギは「あ、もしかして宇宙人経由?
じゃノーカンだ」と言う。
冬樹がウサギみたいな宇宙人に話を聞くと、彼はペコポンを観察しているらしい。以前はもっと多くの
宇宙人がペコポン観察をこの月から行っていて、早くペコポン人がここにやって来ないかと待っていたらしい。
長い長い年月を経て、ようやくペコポン人たちがここにやってきた時は、そりゃあもうみんな感動した、と
いうことだった。

「でも」ウサギ宇宙人は続ける。「最近じゃ誰も来なくなっちまって、ひとりふたりと去って行って、
今じゃ物好きな連中が残ってるぐらいさ」
冬樹は胸が痛んだ。自分はケロロたちにここに連れて来てもらっているが、本来は自分の力でここに来る
べきなのだ。
「今度来る時は自分たちの力だけで来いよ」そう言ってウサギ宇宙人は去っていった。
そのころ露天風呂でも、宇宙人たちに観察されまくる夏美と秋が大騒ぎしていた(笑)。

結局、ケロロたちの思惑とは裏腹に、冬樹は「地球人にはまだ早いんじゃないかな」と判断し、
いつも通り作戦は失敗に終わるのであった。

宇宙人と友達になれたとしたら、やっぱりまず最初に「宇宙旅行したーい!」ってお願いしちゃいますよね。
宇宙飛行士として行くには相当な訓練を積まないといけませんが、宇宙人なら軽ーく行けそうですもんね。
月はあんまり関心を持たれなくなっちゃいましたが、まだまだ地球人が宇宙への情熱を捨ててはいませんよね!
……えーと、日本は…いやきっと、またいつかガッツリ開発に着手してくれますよ!




(以下妄想)

夏美「やだ、こんなとこにも…最近チョコ食べ過ぎだったからかなあ…」
伍長「鏡なんか覗いて何やってんだ夏美」
「ニキビが増えちゃったからクリーム塗ってんのよ…ヤバイなあ」
「地球人はいろいろ大変なんだな。俺だったらそんなもん顔にできたら即刻潰しにかかるがな」
「潰しちゃダメなのよ、顔ブツブツになってクレーターみたいになっちゃうから…あ、そうだ、
アンタなんかいい薬持ってない?宇宙人なんだからあるでしょ」
「いや俺は持ってないが…そういうことならプルルが詳しいだろう。連絡取ってやる」
「ほんと!?ありがとう!!」

プルル『あらギロロくん、夏美ちゃん、久しぶり。何か用?』
伍長「いやその…何と言ったか…顔にできる吹出物用の薬が欲しいらしくて…」
プルル・夏美「吹出物って言うなアアア!!恋する乙女の
青春のシンボルじゃアアア!!」

伍長「スミマセン…というか、夏美はそうでもプルルは無r」
プルル『夏美ちゃん、いいお薬処方しとくから、そこの赤ダルマ一発殴っといて』
夏美「イエッサー!」
伍長「おい、俺は事実を言ったまで…グハァッッ!!」
夏美「女は死ぬまで乙女なの!失礼なこと言わないで!じゃプルルちゃん、お願いねー♪」
血ヘドの海に沈みながら、(そういえばこの国の女は何十年生きてても“女子”と呼ばないと機嫌が
悪くなるんだったな)と今頃思い出すオヤジ伍長であった(笑)。


すみませんすみません、月→クレーター→ニキビという変な方向の妄想をカマしてしまいました(反省
いやーウチも双子が今青春真っ盛りでニキビに悩まされるお年頃なんで、結構切実なんですよ(笑)。
でも今どきの中高生男子はすっごく気を遣ってるみたいですね。
朝晩ニキビ用の洗顔料で顔洗って、お風呂上がりには予防クリームみたいなの塗ってるし、やっぱり
ブツブツ嫌なんだろうなあ。
昔ひさうちみちおのマンガに、ニキビに憧れる学ラン着たロボットが、ほっぺたにプチプチ貼り付けて
自分でプチプチ潰すっていうのがあって、大ウケだったんですが、今潰すとか冗談じゃないんでしょうね(笑)。

……アレ月の話題だったはずなのに、知らん間にニキビの話に…。
オバハンはすぐ話題が上滑りしてイカンですな…女子とか名乗っちゃイカンですな…←無理矢理妄想話の
ネタに戻してみる

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dexter935.blog120.fc2.com/tb.php/608-5d4d7f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

音楽から知らん間にスーツオヤジ萌えの話 (前) «  | BLOG TOP |  » ライナーノーツ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

こちらにポチッとお願いします

プロフィール

Dexter

Author:Dexter
映画オタクの主婦です
「ケロロ軍曹」ギロロ×夏美の同人サイト運営中
サイト名:「紅い深淵」

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。