2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壮絶!プリマへの道~「ブラック・スワン」 - 2011.05.26 Thu

ハイ、ついに話題のあの作品を観に行ってまいりました。
行く前から映画雑誌やテレビで、主演のナタリー・ポートマンの壮絶演技を見聞きして、
しかも監督があのヤク中の悲哀を余すことなく描ききった、「レクイエム・フォー・ドリーム」の
ダーレン・アロノフスキーですから、そりゃもうどよーんとしてたワケです。
しかし、コレを見ずして映画ファンは名乗れないと思い、ついに鑑賞いたしました。

レディースデーだからかどうかわかりませんが、私が見た回は100%女性でした。
やっぱバレエ→しかも白鳥の湖→よくわかんないけど主演女優がオスカー獲った→しかもちょいエロかも
という、ズバリウチのお姑が好きそうな作品というイメージで、
観に来られてる女性が多いのかなと思いました←何その上から目線
いやー、この方々は「レクイエム~」とか「レスラー」とか絶対観てないんだろうなあと勝手に想像して、
これからの地獄絵図に胸ワクワクしてしまったイヤーな性格の私でした。

というわけで、今回は「ブラック・スワン」(2010)をお送りいたします。




舞台はNY。とあるバレエ団に属するニナ(ナタリー)は、元バレリーナの母(バーバラ・ハーシー)と
狭いアパートで二人暮らしの貧乏ダンサーだった。
ある日、今度の公演が、有名振付師のトマ(ヴァンサン・カッセル)による新解釈の「白鳥の湖」ということを
知ったニナは、主演の白鳥の女王を演じたいと夢見る。バレエ団の名プリマ、べス(ウィノナ・ライダー)が
引退するという噂を耳にして、皆がこのチャンスをものにしようと虎視眈々とプリマの座を狙っていた。

もうこの辺からドロドロした女の足の引っ張り合いが始まるわけですよ。
結局プリマはニナが見事射止めるのだが、早速トイレの鏡に「ビッチ」とか口紅で書かれてたり、
前プリマのべスからは「不感症の小娘のアンタが、どうやってトマの目に止まったの?フェ〇でもしたの?」
とか罵られるしで、ニナの神経は早くも参り始める。

不感症―振付師のトマは、「白鳥の湖」を官能的な作品へと作り変えようとしていた。そのためには、可憐で
傷つきやすい白鳥の女王と、官能的に王子を誘惑する黒鳥を、ひとりのダンサーが完璧にこなさなければならない、という考えを持っていた。
小さいころから母の言うがままにバレエ一筋だったニナにとって、白鳥の踊りは完璧にこなせたが、
ろくに恋愛経験もないままでは黒鳥の踊りはひじょうに難しく感じられた。トマの求めるように
踊れなくて、ニナは悩み、徐々に追い詰められていく。

トマはニナが男性経験がないことを見抜き、「オマエに宿題を出す。家に帰って自慰してみろ。愉しめ」と
冷静に考えるとかなり失礼なセクハラ発言をかます。しかし、何事にも真面目なニナの頭の中は、性的な
妄想でいっぱいになってしまった。
セックスへの憧れと怖れ、というと、ロマン・ポランスキーがカトリーヌ・ドヌーブ主演で撮った「反撥」を
思い出します。姉と二人暮らしのアパルトマンで、毎晩姉と彼氏の行為中の声を聞かされて、ドヌーブの精神が
崩れていくその過程は、下手なホラーより恐ろしかったです。
ドヌーブの妄想は異常な幻覚を生み出しますが、ニナも異常な幻覚に悩まされます。街中で自分そっくりな女性を
見かけたり、母親の描いたニナの絵が動きだしたり…。またその絵が気色悪いんですよ。きっと専門家なら、
この絵を描いた母親もどこかおかしいのでは?と思うのではないでしょうか。

小さいころから母親に束縛されて生きてきたニナは、二十歳を過ぎてもまるで少女のようであった。
早速トマに言われた通りオ〇ニーしようとするが、傍らに母親が寄り添って眠っていてはそれもできない。
そのころ、バレエ団に新しく入ったリリー(ミラ・クニス)は、ニナとは対照的に、背中にタトゥーを入れた
ゴス姉ちゃんで、黒鳥の踊りを完璧にこなしていた。トマはリリーを絶賛する。
ひょっとしたら、リリーにプリマの座を奪われるかもしれない…ニナの精神はさらにすり減っていく―。
ニナの部屋は、ウサギちゃんのぬいぐるみやオルゴールのある、ピンクを基調としたレースフリフリのインテリア
で、とても二十歳すぎの女性の部屋とは思えなかった。ビッチなギャルも「ピンク大好き、レース大好き♪」
とか言い放ってますが、ソレとは根本的に違ってます。ギャルはぬいぐるみと一緒に「ピンクでカワイイ♪」
とバイ〇とかゴムとかも平気な顔して置いてそうですが、ニナのそれは「一度も男を迎えたことのない部屋」
なのです。

私が小さい時、少女マンガには必ずバレエものが描かれていました。ただ美しいバレリーナが踊るという
話ではなく、ドロドロした足の引っ張りあいや、ヒロインに次々と降りかかる不幸、それらを乗り越えて
美しく踊るまでを描いたド根性物語がほとんどでした。ですから、「ブラック・スワン」もその延長だと
思えば、なんだか懐かしく感じたりしました。ニナの壊れゆく心象風景の凄まじい描写を除けば。
ホントにねえ、まだ人体破壊のグロホラーの方が笑って(オイ)観られる分、精神的にはいい気がします
←私限定
精神的にクるのはどうも…。ちなみに、ウチの娘もこれが気になってしょうがないらしく、私に語れと
言っていますが、いっそ観ろよ…。
男性もですが、すべての女性の皆様にオススメいたします。まあひじょうに痛そうな描写もありますが、
女性の方が耐性がありそうな気がします。

ああそうそう、最初の方の、ニナを後ろから撮っている撮影手法が、「レスラー」のそれに似てるんですよね。
パンフを読んだら監督も「『レスラー』と表裏一体の作品だと思っている」と語ってました。
ミッキー・ロークの肉体のたたずまいといい、ナタリー・ポートマンのバレリーナそのものの肉体といい、
監督がふたりに求めたものは、「己の肉体で物語を紡ぐ」ということなのでしょうね。

余談ですが、アロノフスキー監督には「ガラスの仮面」を映画化してほしいな、と思っちゃいました(笑)。
今の日本人監督に、あの作品のもつエネルギーを映像化できる体力はないと思います。欧米人のありあまる
体力を見込んで、ぜひに。しかも大真面目に(笑)。
昔だったらねー、「黒とかげ」の井上梅次とかが適任だったんだけどねー←深作欣二にあらず

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dexter935.blog120.fc2.com/tb.php/589-0316f9e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニケロ7thシーズンを評価してみる企画 «  | BLOG TOP |  » アニケロ感想

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

こちらにポチッとお願いします

プロフィール

Dexter

Author:Dexter
映画オタクの主婦です
「ケロロ軍曹」ギロロ×夏美の同人サイト運営中
サイト名:「紅い深淵」

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。